矯正歯科

頬側ワイヤー矯正

頬側ワイヤー矯正とはいわゆる一般的な「歯の矯正」のイメージである、ブラケット(金具)とワイヤーで歯を矯正する方法です。矯正中に人から見て矯正装置がわかってしまうのが難点ですが、当院ではできるだけ矯正装置が目立たないように白いブラケットとホワイトワイヤーをご用意しております。しかも痛みが少なく、早く動くセルフライゲージョンブラケットを採用しています。

セルフライゲージョンブラケットとは?

セルフライゲーションブラケットとは、従来のブラケットのようにワイヤーとブラケットを、ゴムや結紮線(細い金属線)で固定しないで治療をおこなえるのが特徴です。ワイヤーとブラケットの固定に細い金属線やゴムを使用しないことで、歯ミガキがしやすくなり、衛生的にも優れたブラケットです。
ブラケット自体についている、開閉式のクリップ状の「ふた」がワイヤーを留めているため、ワイヤーとブラケットの間に若干の隙間、「ゆとり」ができます。このワイヤーとブラケットのあいだにできる「ゆとり」が摩擦抵抗を少なくし、歯への負担と、歯を動かす障害が軽減されます。その結果、歯が弱い力でスムーズに移動できるようになり、治療期間が短く、かつ矯正治療中の痛みが軽減するといわれています。

ボディは半透明のセラミック製なので、金属性のブラケットと比べて目立ちません。セラミックは変色しにくい材料なので、プラスチック製のブラケットと比べて着色汚れの心配も軽減します。強度を保つために、ワイヤーを押さえるバネの部分は金属製ですが(金属キャップ)、白色系の金属『ロジウム』でコーティングしているので、目立ちにくいのが特徴です。 また、ワイヤーを押さえる部分は、ご要望に応じてオールセラミックを選んでいただくことも可能です(上顎のみ)。オールセラミックは金属キャップに比べるとコストがやや高い点や若干強度に欠ける反面、より目立ちにくく審美性に優れ、痛みの軽減と治療期間の短縮に優れた矯正装置です。

メリット・デメリット

メリット

  • 歯を動かすときの痛みが少ない
  • 治療期間が短縮できる

デメリット

  • 装置が見える
  • 頬などに口内炎ができる

治療の流れ

  • まずはじめに、ご自身の気になる箇所などをよくお伺いしながら、また我々プロの眼から見た気になる点などを提示しながら無料にてカウンセリングを行います。(相談料無料)
    その後一度良く考えていただいてから、ご希望の場合は診断を行います。(診断料税別50,000円)
  • 診断は、レントゲン写真や模型・顔貌写真などから、個々の歯の大きさや重なり合っているスペースや隙間が開いているスペース、噛み合わせ関係や干渉、顔の筋肉のバランスなどを診断して治療計画を作成します。
  • 2週間後に診断結果をご説明して承諾していただいたら、装置を取り付けていきます。
  • 月に1度のペースで通院していただき、歯の動きを確認しながら装置の調整をおこないます。歯並びが理想の状態になるまでこれを続けます。通院時の1回の処置時間は1時間程度です。

治療にかかる費用

オンライン相談 無料
相談・カウンセリング 無料
検査料・診断料
(1口腔分)
50,000円
オールセラミック頬側成人矯正料
(上下片側分)
400,000円
処置代(装置中) ・保定代 無料
※何度も保定装置を破損・紛失した場合は有料となります
ホワイトワイヤー
(上下片側分)
20,000円
抜歯
1本分
3,000円
ミニスクリュー(1本分) 20,000円
プロビジョナル・レストレーション
(矯正用仮歯/1本分)
2,000円

  • お支払い方法は、現金・クレジットカード・デンタルローンをご用意しております。
  • 複数のお支払い方法を併用してお支払いいただくことも可能です。(例:現金+カード、現金+カード+ローンなど、合計金額が合えば問題ありません。)
  • デンタルローンについては、詳しくはこちらをご覧ください。

ご注意事項など

  • 歯の動きには個人差があります。

他の矯正方法との比較

  頬側ワイヤー矯正 舌側ワイヤー矯正 マウスピース矯正
見た目のキレイさ ×
矯正器具が外からわかる 外から見えにくい いざというとき外せる
口内炎のできやすさ × ×
できやすい
(当たって痛い)
できやすい
(当たって痛い)
できにくい
歯ブラシのしやすさ ×
鏡を見ながらだと障りがない やりにくい 普段と変わらない
食事のしやすさ
調整直後は痛いが慣れる 調整直後は痛いが慣れる ほとんど影響はない
発音のしやすさ
ほとんど影響はない 慣れが必要 慣れが必要
(舌側より簡単)
矯正スピード
(個人差はあるが)
速い
頬側に比べると遅い 頬側に比べると遅い
費用
3種の中で中間 高い 安い

職業ごとのおすすめ矯正方法

  • CAさんなど仕事で人とよく対面するかた……見た目が気にならない舌側ワイヤー矯正がおすすめです
  • TELが多いお仕事のかた……発音のしやすい頬側ワイヤー矯正がおすすめです
  • 人と顔を合わせてよく話すお仕事のかた……マウスピース矯正か舌側ワイヤー矯正を選ばれる方が多いです

どの種類の矯正装置を選ぶかは、仕事などの生活リズムとご自身の性格が重要です。ちょっとサボり気味の方はワイヤー矯正、つけ外しをこまめにできるまじめな人はマウスピース矯正など。

他の矯正方法を見る

マウスピース矯正
ImagePicture

口腔内を3Dデータ化して作成した透明なマウスピースを歯に装着しておこなう矯正方法です。

もっと見る ► マウスピース矯正 マウスピース矯正
舌側ワイヤー矯正
ImagePicture

舌側ワイヤー矯正は、歯の内側にブラケットを矯正装置を付ける方法です。見た目には矯正装置をつけていることがわからないので、周りの方から矯正していると気づかれません。

もっと見る ► 舌側ワイヤー矯正 舌側ワイヤー矯正
リンガルブラケット+マウスピース矯正
ImagePicture

上下の前歯いずれか6本のみ可能な矯正方法です。歯の裏側にブラケットを矯正装置を付ける方法とマウスピース矯正を併用し、双方の良い所どりをした治療法です。

もっと見る ► リンガルブラケット+マウスピース矯正 リンガルブラケット+マウスピース矯正