矯正歯科

矯正期間中、食べられないものはありますか?

歯科矯正中に、絶対に食べられないもの・食べてはいけないものはありません。
装置に引っかかりやすい食べ物、詰まりやすい食べ物などがありますが、これらを決して食べてはいけないというわけではありません。

引っかかりやすい食べ物

  • ほうれん草、ニラ、ネギなどの繊維質な葉物野菜
  • えのき
  • 肉(繊維質なもの)
  • 麺類(細めなそうめんなど)
  • イカ
  • タコ

詰まりやすい食べ物

  • パン
  • 麺類
  • 野菜、野菜の皮
  • クッキー
  • ケーキ

くっつきやすい食べ物

※くっつきやすい食べ物については、矯正装置の脱離になりやすいので、できれば装置の装着中は食べるのを避けていただきたいです。

  • お餅
  • お団子
  • キャラメル
  • ガム
  • 上記以外でも粘着性のあるもの

ただ、食事については、「気にせず何でも食べてます。」と仰る方や、「かなり選んで食べてます」と仰る方などかなり個人差があります。
また、動かしている状況によって食べやすさも変わりますので、矯正の初めの頃、中盤、終盤で変わります。

お食事が気になる方は、マウスピース矯正がおすすめです。
ワイヤー矯正と違って、矯正用のマウスピースをお食事のときは外して頂くので、食事に気を遣う必要がありません。

前のページへ戻る ►