審美歯科

審美歯科は、どのように選べば良いですか?

審美歯科は、どのように選べば良いですか? 色々な材料があって良くわかりません。何が一番良いのですか?

審美歯科とは美しさに焦点をあてた歯科治療のことで、一般的に呼ばれている審美歯科とは、 歯を白くしたい ・ 歯並びを美しくしたい ・ 詰め物や被せ物をより自然に見せたい という要望に対しての治療をさします。

これらの治療は基本的に自費診療になります。保険治療で使用する材料に比べて審美的・機能的にも向上するものを使用します。
どの材料が1番良いというよりも、その人それぞれの癖や希望によって1番が変わってきます。

セラミック修復

保険診療で使用されるプラスチック系の素材は吸水性が高いため変色はさけられません。それに比較してセラミック(陶材)は変色しません。硬いです。

メタルボンド

メタルボンドは金属製の土台の上に、陶材を焼き付けた修復物です。
陶材は非常に硬い反面、衝撃に弱い特性を持った素材です。奥歯や噛み込みの深い部分は特に負担がかかります。金属の土台を用いて陶材が割れることを防ぎます。ただ金属色を消すため 透明感が少ないです。

ジルコニア

人工のダイヤモンドを歯科用にした素材で、強度が強いです。最近は、色も豊富に用意されるようになってきました。
基本的な構造はメタルボンドと大差はありませんが金属を使用しないので、色の再現性や光の透過性などより審美的に天然歯に近づけることができます。

材材や残っている歯・部位によっても価格も異なります。また、ブラキシズムなどの悪習癖の有無などによって、どの素材がその歯にベストかの選択肢が異なります。

お悩みの方は、まずは当院へご相談ください。ご相談は無料です。
あなたに適した材料を決めるのお手伝いいたします。
(確実に言えることは、材料はドンドン進歩してます。)

前のページへ戻る ►