一般歯科

歯周病

歯周病は、歯茎にたまった汚れから炎症がおき、歯槽骨の吸収が始めります。最終的に歯槽骨で歯を支えられなくなってしまう病気です。日頃からの歯ブラシはもちろん、歯石の除去が重要になります。

歯石は歯ブラシでは取れないので、歯科医院で歯石除去(クリーニング)を行う必要があります。歯石除去は最低でも年に1度はおこなうことを推奨しています。最近歯石除去をしていないな、という人は、歯石除去(クリーニング)をお伝えください。

歯周病の対策には歯ブラシはもちろん、食事のバランスや睡眠などの体調管理も重要です。そして最近、歯周病に大きな悪影響を与えているのがブラキシズムです。ブラキシズムとは歯をすり合わせたり噛み締めたりすることですが、ストレスにより無意識でこのような動きをしてしまっている人が多くいます。歯周病が進行してくると、少しの振動が歯にとって大きな負担となります。歯周病がなかなか治らない原因は歯軋りにあるかもしれないので、不安な方は一度ご相談ください

当院での歯周病の治療

歯周病は、歯肉、歯根膜、歯槽骨などの組織をいかに上手に保護して行くかが重要となります。従来のレントゲンでは2次元でしか骨の様子を撮影できなかったので、見えない部分の骨の状態は熟練した術者の推測でしかわかりませんでしたが、当院ではCT撮影を使って3次元で骨の様子を確認できるようになっています。これにより、術者が正確な情報が知れることはもとより、患者様との情報共有も正確にできるようになりました。CT撮影をご希望の方はぜひご相談ください。