審美歯科

審美歯科の御案内

素敵な笑顔には口元の美しさが絶対条件。 残念ながら、虫歯にしてしまった歯や、過去に虫歯などが原因で削った歯などは・・・・ そんな時は、より自然な歯に近いもので治す事により、笑顔の輝きが甦ります!! (また、歯並びが思わしくなく・・・・・短時間でキレイにしたい方にもおすすめです)

歯を削って人工物で補う方法の御紹介

虫歯などで大きく歯を治す場合(大きく歯の向きや形を変える場合や大きな銀歯を白くする場合など)

  • ジルコニアクラウン・・・・¥75000(税別)
  • フルジルコニアクラウン・・・・¥65000(税別)
  • セラミッククラウン・・・・¥60000(税別)
  • ハイブリッドセラミック・・・・¥55000(税別)%e3%83%ad%e3%82%b4%ef%bc%88%e6%96%87%e5%ad%97%e7%89%88%ef%bc%89
  • ファイバーコア・・・・¥10000(税別)

高額治療をご希望の方には、アプラスのデンタルローンもご案内しております。

1歯の中で健康な歯質が多く残っていて一部分だけの歯質を治す場合(小さく歯の形を変える場合や小さい銀歯を白くする場合など)

  • フルジルコニアインレー・・・・¥45000(税別)
  • ハイブリッドインレー・・・・¥45000(税別)

それぞれの材質に特徴があります。そのため金額によってどの材料で治療するかを選択してもらうよりも、患者さまの歯の状態や生活習慣や癖などによってベストな材質での治療の選択が必要になります。(値段が高いのがベストの選択ではありません。)

ジルコニアセラミッククラウン

ジルコニア後

ジルコニア前

ジルコニアセラミッククラウンは、従来のセラミッククラウンの内面の金属の代わりに、ジルコニアを使用したものです。(内面をジルコニア・表面をセラミック)
金属を一切使用しないため、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどの心配がありません。
また、審美的にはかなり綺麗で、土台の金属(コア)の色が透けるのを防ぐ「マスキング効果」が優れているためより審美的に仕上げることができます。セラミックを表面に使用しているため、透明感が再現しやすいです。(セラミックは、微妙に異なる色を何層にも重ねて色を立体的・色の深みを出します。ですから前歯にお勧めです。)
当院では、よりきれいな歯にするために土台の金属(コア)をファイバーレジンでやり直すことをお勧めします。

また、ご自身の歯の色が独特な方は(横縞がある方・グレー感が強い方など)、フルジルコニアクラウンよりもご自身の歯に合わせやすいです。

フルジルコニア

フルジルコニア

フルジルコニアクラウンは、従来のセラミッククラウンとは異なり、ジルコニアのみを使用したものです。金属を一切使用しないため、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどの心配がありません。また、一つのブロックから削りだしてひと固まりとして製作しますので強度が強く、ブラキシズムなどがある方にもお勧めです。(奥歯にお勧めです。)しかし、ひと固まりの材料から削りだして製作するため、ジルコニアクラウンよりもグラデーションが出しにくいです。特に、細部まで色をこだわる方は、ジルコニアクラウンをお勧めします。
当院では、よりきれいな歯にするために土台の金属(コア)をファイバーレジンでやり直すことをお勧めします。

セラミッククラウン

セラミッククラウン

従来のセラミッククラウン(虫歯を治療した後にかぶせるセラミック製の白い歯)で内側に金属を使用して、その周囲にセラミックを焼き付けて歯の色を作成していきます。なかに金属を使用しますので、透明感が若干出しずらいです。しかし、セラミック独特のツヤ感は、ご自身の歯と遜色ありません。(しかし周りのご自身の歯の色が透明度が高い方などは、あまり向きません。)(前歯向き)

 

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドクラウン

ハイブリッドセラミッククラウンのみを使用したもので金属を一切使用しないため、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどの心配がありません。ハイブリッドセラミッククラウンはセラミッククラウンよりも割れにくく、硬すぎないので周囲の歯を痛めにくいという長所があります。(歯と同程度の硬さなので適度に磨耗して、自然な噛みごごちです。)
透明感やグラデーションなど細かな色調は、あまり期待できません。微妙な 色調はセラミックに劣り、時間と共に吸水していき多少変色します。奥歯向きです。

ファイバーコア

ファイバーコア

メタルコア

従来の金属を使用した土台(コア)は、強度が強い為用いられてきました。しかし、強度が強すぎるため、たわみ量が少なく土台(コア)の先端部に力が集中してしまって歯の根が折れてしまうことがありました。また、金属色が透けて見えてしますので、どうしても、クラウンの透明感を出せませんでした。そこで開発されたのがグラスファイバーを用いた土台(コア)です。金属に比べて歯と同等のたわみがあり、歯の根にかかる応力の集中を分散できます。また、色も歯に近い色を用いていますのでクラウンの色合いをきれいに出せるようになりました。

フルジルコニア インレー

ジルコニアインレー

フルジルコニアは光沢や透明感があり美しく仕上がります。また固く摩耗によって削れないのです。その為噛み合わせの相手の歯が削れることがあります。歯ぎしりや食いしばりが強い方には、お勧めできません。

 

ハイブリッドセラミック インレー

ハイブリッドインレー

ハイブリッドセラミックはフルジルコニアよりも割れにくく、硬すぎないので周囲の歯を痛めにくいという長所があります。(歯と同程度の硬さなので適度に磨耗して、自然な噛みごごちです。)しかし、色調はフルジルコニアに劣り、時間と共に吸水していき多少変色します。

監修・製作:渋谷区神宮前1-9-30 2F   原宿の歯医者『はちやデンタルクリニック』

Return Top