はちやデンタルクリニック診療内容

極小フルリンガル+マウスピース矯正

極小フルリンガル+マウスピース矯正

リンガルブラケット+マウスピース矯正(上下最大前歯12本対象)

極小のブラケットでより快適に

極小リンガル舌側矯正とは、矯正装置を歯の裏側に装着するので、他の人に気づかれないで治療ができます。
当院の装置自体が、かなり小さくなり、装着後の違和感、発音のしづらさも非常に軽減されました。

透明なマウスピースで仕上げ&保定

3D最後の仕上げや保定にマウスピースを使用します。患者様の口腔内の状態をデーター化して3Dデーターを基に計算された模型でマウスピースを作成します。

 

 

【メリット】

  • 歯を動かすときの痛みが少ない
  • 治療期間が短縮できる。(従来より約20~30%減/li>
  • 装置の装着時間が短縮できて来院時間が短くなる。

【デメリット】

  • 従来の装置よりもコストがやや高いですが、当院は値上げしてません。
  • 舌触りがあるので、発音が気になります。(慣れます)

料金

  • 相談料  無料
  • 検査料(CT撮影・模型作成・カラー写真撮影など)・診断料  ¥50.000(税別)
  • 極小リンガル矯正料(最大前歯6本対象)(装置代)  片顎  ¥325.000 (税別)
  • 極小フルリンガル矯正料(最大前歯12本対象)(装置代)  両顎  ¥650.000 (税別)
  • 処置代(装置中) ・保定代  基本的に無料 (保定装置を何度も失くしたり、壊したりした場合は、有料になります。)
  • 抜歯 ¥3.000(税別)(1本)%e3%83%ad%e3%82%b4%ef%bc%88%e6%96%87%e5%ad%97%e7%89%88%ef%bc%89
  • プロビジョナル・レストレーション(矯正用仮歯) ¥2.000(税別)すべての症例に使用できるわけでは、ございません。
    個人差がございますのでご相談ください。

    高額治療をご希望の方には、アプラスのデンタルローンをご案内しております。

治療の流れ

まずはじめに、ご自身の気になる箇所などをよくお伺いしながら、また我々プロの眼から見た気になる点などを提示しながら無料にてカウンセリングを行います。(相談料 無料)
その後一度良く考えていただいてから、ご希望の場合は診断を行います。
診断は、レントゲン写真や模型・顔貌写真などから、個々の歯の大きさや重なり合っているスペースや隙間が開いているスペース、噛み合わせ関係や干渉、顔の筋肉のバランスなどを診断して治療計画を作成します。(診断料 ¥50000(税別))
2週間後に診断結果をご説明して承諾していただいたら、装置を取り付けていきます。

治療時間の目安

基本的には、どの処置でも1時間弱を考えいただくとよいと思います。
ただし、内容によっては長くなったり短くなったりもしますので、もしご予定の都合などで不安な場合は、次回どれぐらいの時間がかかるか事前に確認していただくと良いかと思います。(当日でも可能です。)

Return Top