はちやデンタルクリニック診療内容

舌側ワイヤー矯正

舌側ワイヤー矯正

セルフライゲーションブラケットの舌側矯正

画期的な理論&技術進歩!!

舌側矯正とは、矯正装置を歯の裏側に装着するので、他の人に気づかれないで治療ができます。皆さんには、わかりづらいかも知れませんがかなりの進歩を遂げています。一説によるとあまり強すぎる力は、逆に矯正期間を遅くする可能性があり、適度な弱めの力が最も効率よく矯正できると言われております。また昔は、ブラケットという歯に付けている装置も大きく舌触りや発音の障害が多かったです。しかも、ワイヤーの素材もあまり種類がなくDrの細かいテクニックで色々な変化を付け補っていました。その為、Drのワイヤーを細工する技術に大きく左右されていました。 ですから、昔矯正をやった人は、痛くて食べてなかった・・・・なんて聞きます。 しかし、最近では装置自体が小さくなり、装着後の違和感、発音のしづらさも非常に軽減されました。治療中のむし歯に関しても、歯の裏側の装置なので、歯の表面のエナメル質をまったく傷つけることなく、矯正中に歯の表面のむし歯の心配もありません。 また、ワイヤーの素材もチタン合金(NiTi)や、CoNiTi、などの形状記憶のワイヤーや、TMA、コバルトクロム合金、エルジロイワイヤーや、ステンレススチールなど多様化しており弾性や復元性などの面でも進歩しました。つまり、Drの細かいテクニックで色々な変化を付ける必要性がなくなりある程度の細工とそれぞれの素材の特性さえ理解していれば良くなりました。

どんな仕組み?

セルフライゲーションブラケットとは、従来のブラケットのようにワイヤーとブラケットを、ゴムや結紮線[けっさくせん (細い金属線)]で固定しないで治療を行えるのが特徴です。ワイヤーとブラケットを固定するのに、細い金属線やゴムを使用しないので、歯ミガキがしやすくなり、衛生的にも優れたブラケットです。ブラケット自体についている、開閉式のクリップ状の「ふた」がワイヤーを留めているため、ワイヤーとブラケットの間に若干の隙間、「ゆとり」ができます。このワイヤーとブラケットのあいだにできる「ゆとり」が摩擦抵抗を少なくし、歯への負担と、歯を動かす障害が軽減されます。その結果、歯が弱い力でスムーズに移動できるようになり、治療期間のが短くなり、また、矯正治療中の痛みが軽減するいわれています。これらのことにより昔よりも一人当たりの処置時間も短くすることも出来、皆様にもDrにも快適になりました。

【メリット】

  • 歯を動かすときの痛みが少ない
  • 治療期間が短縮できる。(従来より約20~30%減)
  • 装置の装着時間が短縮できて来院時間が短くなる。

【デメリット】

  • 従来の装置よりもコストがやや高いですが、当院は値上げしてません。
  • 舌触りがあるので、発音が気になります。(慣れます)
  • 歯ブラシが頬側矯正より、難しいです。

料金

  • 相談料  無料
  • 検査料(CT撮影・模型作成・カラー写真撮影など)・診断料 ¥50.000(税別)
  • セルフライゲーションブラケット舌側成人矯正料(装置代)  片側¥475.000 (税別)
    (上下両方とも、頬側の場合は、¥350.000 × 2)
    (上下両方とも、舌側の場合は、¥475.000 × 2)
    (上顎が舌側で下顎が頬側の場合は、¥475.000 + ¥350.000)
  • 処置代(装置中) ・保定代   基本的に無料(保定装置を何度も失くしたり、壊したりした場合は、有料になります。)
  • 抜歯 ¥3.000(税別)(1本)
  • ミニスクリュー   ¥20.000(税別)(1本)
  • カリエール・ディスタライザー ¥20.000(税別)(1本)
  • プロビジョナル・レストレーション(矯正用仮歯) ¥2.000(税別)%e3%83%ad%e3%82%b4%ef%bc%88%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%ab%e7%89%88%ef%bc%89

すべての症例に使用できるわけでは、ございません。個人差がございますのでご相談ください。

高額治療をご希望の方にはアプラスのデンタルローンをご案内しております。

治療の流れ

まずはじめに、ご自身の気になる箇所などをよくお伺いしながら、また我々プロの眼から見た気になる点などを提示しながら無料にてカウンセリングを行います。(相談料 無料)その後一度良く考えていただいてから、ご希望の場合は診断を行います。 診断は、レントゲン写真や模型・顔貌写真などから、個々の歯の大きさや重なり合っているスペースや隙間が開いているスペース、噛み合わせ関係や干渉、顔の筋肉のバランスなどを診断して治療計画を作成します。(診断料¥50.000(税別)) 2週間後に診断結果をご説明して承諾していただいたら、装置を取り付けていきます。

治療時間の目安

基本的には、どの処置でも1時間弱を考えいただくとよいと思います。 ただし、内容によっては長くなったり短くなったりもしますので、もしご予定の都合などで不安な場合は、次回どれぐらいの時間がかかるか事前に確認していただくと良いかと思います。(当日でも可能です。)

Return Top