はちやデンタルクリニック診療内容の御案内

歯が無くなった場合は?

 

そもそも歯がなくなった場合になぜ、インプラントや義歯・ブリッジなどで補わなくてはいけないの?

大きく分けて3つの理由があります。

  • なくなってしまった両隣の歯の周りの骨が吸収しやすくなります。それにより、両隣の歯が歯がない側に倒れていきます。それにより、前後の歯の両隣にも隙間ができ汚れが詰まるようになります。そして両隣の歯の寿命が短くなり、2本とも抜歯になることが多いです。
  • なくなった歯の相手の歯(上下)には、噛む力が伝わらないため歯が伸びてきます。(歯の崩出)(徐々に伸びてきますのですので、あまり皆様気づきません) すると、その歯の両隣に隙間ができ物が詰まります。虫歯や歯周病になりやすくなります。また、伸びたことにより側方の力が無駄にかかます。(人は、咀嚼する時に左右にも顎を動かしますので余計な引っかかりが起こります。)その結果、普通に噛んでいるだけの行為が抜歯の力変わります。そして、引っかかりが大きくなってくると、人は自然にかばうように顎を動かします。徐々に顎関節にも負担がかかり顔のゆがみなどにつながります。(口が開かないや顎が外れるなどの顎関節症です。)
  • 無意識に、反対側(左右)で噛むことが多くなり、そちら側の歯がダメージを多く受け歯を支えている骨が無くなりやすくなります。そして反対側の歯の寿命が短くなります。(よくある例として、右側を抜けたままにして左で噛んでいたら、左もダメになってくる。その間に徐々に正しく咬む位置がわからない状態になっている。これを咬合の崩壊と言います。)
     つまり、口の全体のバランスが崩れて、色々な部分にも悪影響がきます。そして、全体的に老化が早まります。

ですから放置していることは、【百害あって一利なし】ということです。

治療方法も色々とありますので、それぞれの治療方法の利点と欠点を御紹介いたします。

インプラント

インプラントとは、顎の骨にチタンの棒にハイドロキシアパタイトコーティングを施した人工歯根を埋め込み、口腔機能の回復をはかる治療です。患者様の全身状態、顎の骨の状態、残存歯の状態によって埋入本数が変わります。インプラント

利点

顎の骨に固定するので違和感が少ない天然歯と同様に審美性を回復できる隣接歯を削る必要がない堅い物でも良く噛める

欠点

OPEが必要保険が利かない定期的なメンテナスが重要

ブリッジ

ない歯の両隣を削って橋わたしをしてあげます。これにより、ない部分を補います。Br1

利点

保険でできる(奥歯の場合は、銀歯)固定式の為、違和感が少ない入れ歯よりは噛める

欠点

両隣の歯を削る(健康な歯でも)単純計算で1本の歯に対して負担が大きい歯のない部分の場所に汚れが付きやすい空気の漏れなどで発音に違和感がでる場合がある

義歯

皆様がなんとなくご存知の入れ歯 樹脂でできてます義歯1

利点

健康な歯を削る量がほとんどない簡単に制作できる保険で費用がやすい

欠点

バネなどによる隣の歯に負担が大きい装着時の違和感が大きいすぐにガタつく取り外して手入れをする噛む力が健康な状態時に比べて半分以下とも言われている見た目が悪い。
オペが怖いし・・・ブリッジで歯を削るのはヤダ・・・でも入れ歯のバネが見えるのも・・・なんて方には、スマイルデンチャーをお勧めいたします。

院長より一言アドバイス

上記の欠損部の歯の治療方法は、あくまで理論上のことです。一人一人で歯の並び方(歯列不正)や咬み合わせ(咬合状態)・年齢や歯ブラシの状況(口腔清掃状況)・虫歯の状況(補綴物の有無)・生活習慣・食いしばり・歯ぎしり(ブラキシズム)などが大きく異なります。それによって、その人にとって最も良い治療方法が異なります。必ず、歯科医院で良く担当の歯科医師と相談してください。(気になる方は、セカンドオピニオンなどを利用して、数名の歯科医師の意見を聞くのもお薦めします。当院でもセカンドオピニオンを行っております。御相談下さい。)

Return Top