インプラント

はちやデンタルクリニックのインプラントの費用

インプラント

  • 相談 無料
  • 診査・診断  ¥50000(1口腔)
  • CT撮影    ¥10000(1口腔)
  • OPE代     ¥200000(1本)
  • 骨補填材代  ¥20000(1本)
  • 仮歯代   ¥3000(1本)
  • 上部構造代  ¥50000(1本)
  • アバットメント ¥30000(1本)%e3%83%ad%e3%82%b4%ef%bc%88%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%ab%e7%89%88%ef%bc%89

症例によって必要なものと必要ではないものがあります。Drにご相談ください
高額治療をご希望の方には、アプラスのデンタルローンもご案内しております。

他院からの依頼のCT撮影  ¥20000(1口腔)

上記の料金はすべて 税別 になります。

歯が無くなった時の選択肢の説明は、こちら

治療法のご紹介(1回法1ピースと1回法2ピースと2回法について)

 

1回法1ピース

長所
  • 1回の外科的処置でよい
  • インプラントポストに直接上部構造をセットすることができる
  • ポストが歯肉縁上にでているため歯周病検査によるオッセオインテグレーション状態の診断が容易である 。
短所
  • ポストを曲げることや審美性を満足させることが困難
  • 新生骨ができる迄、免荷することが難しい。
  • 多数歯欠損には応用しづらい 。
応用

1~2歯欠損の中間欠損、両隣在歯により仮歯を作成しインプラントに負荷がかからないようにすることが出来るケースに応用できる 。

1回法2ピース(一回法の変則系)

長所
  • 1回の外科的処置でよい
  • 1回法1ピースより免荷しやすい
  • 歯周病検査による診断が容易
  • アングルポストを使用することができる
  • 固定性、取り外し式いずれの入れ歯にも適用
  • 術者取り外し式上部構造を作成することができる
短所
  • 下顎無歯顎症例など多数歯欠損には不適(免荷期間中、義歯によりインプラントに荷重がかかり動揺をきたす場合がある。このようなケースの場合は完全埋入型2回法3ピースを使用するのが望ましい)
  • 粘膜の厚いケースや審美性を要求する場合は2回法3ピースが上部構造を作成しやすい G.B.R.応用時、埋入型2回法より応用しづらいコロナルスリューのゆるみの可能性
  • 術者取り外し式の場合、アクセスホールの充填物の磨耗、脱離がある 。

2回法

長所
  • 正確な器具操作
  • 安静な環境での治癒
  • 部分的および無歯顎患者に適用
  • 骨の治癒期の初期に被覆補綴物を装着できる
  • 固定性、取り外し式いずれの入れ歯にも適用
  • 術者の上部構造を作成することができる
短所
  • 2回外科的処置が必要
  • 長い免荷期間
  • 適度な量の骨が必要
  • 粘膜の治癒の初期において入れ歯の装着は不可能
  • 歯周病検査による診断不可
  • アバットメントスクリューとコロナルスクリューなどのネジの緩みがある可能性

治療の流れ

以前はインプラントを埋入する顎の骨の厚さ、形態などの状態が悪いと治療が非常に困難でした。現在は、骨が足りない方のために、自家骨(ご自分の骨)や、人工骨などを利用した技術が開発され、インプラントの治療法の適応が広がりました。
治療法につきましては、お一人お一人違いますので、ご担当の歯科医に相談をしましょう。

相談

診査・診断

骨の増加

インプラント埋入

上部構造(補綴物)のSET

定期的なメンテナンス

使用するインプラントの種類によってオペ後の経過観察期間は、変わります。また、骨の量や本数などによっても大きく左右されますので詳しくは担当のDrに質問してください。(早ければ、オペ直後からある程度は噛める場合もあります。)

監修・製作:渋谷区神宮前1-9-30 2F   原宿の歯医者『はちやデンタルクリニック』

Return Top